10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-11-03 (Tue)
先週末、ダーリンと行ったラブホ。
少し混んでたみたいだけど、なんとかチェック・イン。

お部屋は、ベッド回りがすべて鏡張りの、「鏡の間」。

あん。いやん。全部の方向から、見られちゃう・・・・。

ダーリンったら、とても嬉しそうぉ~。
もうぉ~、エッチなんだからぁ~。www

私もその気になってたので、少し濡れてます。

お部屋に入るやいなや、ダーリンに抱きかかえられて、熱いキス。
ねっとり舌をからませながら、ダーリンがショーツの中に手を忍ばせてくるの。

い、いやん。ダーリン。
濡れてるのが、バレちゃう・・・・。

「あ、ぁ・・・・。」

ダーリンの指が、私のクリを遊ぼうとしてる。

「あ、あん。ダーリン。先にお風呂に入ろ。」

ショーツもするりとずらされて、相変わらず脱がす手際はスムーズだわ。

先に裸にされた私が、お湯を温めるのにバスルームへ入ります。
シャワーの栓をひねって、お湯加減をみてたら、お尻に硬いモノが・・・。
如意棒さんが、後ろからお尻に押し当たってきます。
「あ、あん。ダーリン。
 先に洗ってあげるね。」

湯船にお湯を貯めながら、シャワーで如意棒さんを洗ってあげました。
ラブホのソープって、よく泡立つのよね。
オイリーだし、にゅるにゅるする感じが、なんかエロくって好き。

手のひらにソープをたっぷり乗せて、如意棒さんを包むように握ってあげます。
ゆっくりと前後させて、泡立たせながら・・・・。
ちょっと焦らすように、4545・・・・・、4545・・・・。
にゅるにゅるにゅる・・・・・、454545・・・・・。

ダーリンも、その間、私をじっと見つめながら、おっぱいを揉みしだいてます。
彼の手にもソープを乗せてあげて、おっぱいを泡だらけにしてもらうの。
にゅるにゅるで揉みしだいてくれると、感じちゃう。
気持ちいいぃ~・・・・・・。

身体を洗ってあげるのは、後回しにしました。
いきり勃ってる如意棒さんの泡をシャワーで流してあげて、
促される前にしゃがんでました。

ダーリンの如意棒さん・・・、
何回も見てるけど、やっぱり素敵。
凄くいきり勃ってる。

目の前に見ると、やっぱり咥えたくなっちゃうわ。
チュウぅ~、チュパ。
レロレロレロ~、チュパチュパチュパ。

いっぱい唾液を絡ませて、感じてるダーリンの顔を見上げながら、
チュパチュパチュパチュパ・・・・・。
あぐあぐあぐ・・・・。

ダーリンも感じてくれてるかしら。

チュパチュパチュパチュパ
ゆっくりとお顔を動かしながら、バキューム・フェラで吸いあげます。

あ、あん。私まで感じてきちゃった。
チュパチュパしながら、自分で触ってました。
もう、いっぱい溢れてる。

「あ、あん。ダーリン。挿れて・・・・。」

私が立ちあがると、向かい合ったまま、片脚を持ちあげられて・・・。
あ、あん。硬いモノが、茂みを擦り付けてる。
感じてる私に如意棒さんが分け入ってくるわぁ~ん。

「あ、あ、ぁっ・・・は、はうぅ~・・・・」

素敵な如意棒さんと対面立位。

ゆっくり、ゆっくりとダーリンが腰を動かします。

前後にゆっくりと・・・・・、
段々、入ってくるぅ~。
少しずつ、挿れる量を深くしながら・・・・。

「あ、ぁっ・・・・・。」

にゅる・・・・・、にゅる・・・・。

もう夢見心地になりそうな私を抱きしめながら、
ダーリンは、徐々にスピードを上げてきます。

ズ、ズ、ズ・・・、ズ・・・・、ズ、ズンズンズン・・・・。

「い、いいぃ~、ダーリン、気持ちいいぃ~・・・・。」

私の喘ぎ声に促されるように、如意棒さんは、前後に激しく動き出すの。

ズ、ズ、ズ、ズンズンズンズン・・・、
ジュプ、ジュっプ、ジュっプ、ジュっプ・・・・。
お風呂場に、エッチな音が響いてる。


あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あ・・・・・、

動きに合わせて、私の吐息が漏れちゃう・・・・。

「か、感じるぅ~・・・・、あ、だめ、あ、ぁぁ・・・・・」






❤❤❤ Saya ❤❤❤


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

* Category : -- Love Hotel / Motel
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

re:Yamaさん * by Saya
棒発しちゃったのね。うふふ。

* by yama
さやさん、エロすぎる。読み始めたら自分の物に手が行きシコシコ始め読み終わった時は爆発してた。